人は食べ物からエネルギーを得て、新しい細胞を作りだします。そして、体が栄養を必要とする際、空腹という形で生理現象が表れます。

サプリメントを使用すれば、体に必要なビタミンやミネラルなど色々な栄養素を摂取する事が可能です。

サプリメントさえ摂取すれば、お腹が空かず、満腹感を得る事が可能なのでしょうか。

グルコマンナン

結論から言いますと、満腹感を得られるサプリメント(栄養素)はいくつか存在します。その中で有名な「グルコマンナン」について紹介します。

グルコマンナンとは

こんにゃくの主成分でもある為、「コンニャクマンナン」とも呼ばれています。

グルコマンナンは水溶性食物繊維であり、グルコースとマンノースが結合した多糖類であることから、グルコマンナンと名付けられました。

摂取量

1日の目安量は、4~5gが推奨されています。これは、こんにゃくで摂取しようとすると、200~300g程度に相当します。

過剰摂取による副作用

とりすぎにより、下痢などの胃腸の不調を起こす事があるとの報告があります。

また、グルコマンナンには血糖値上昇を抑制する効能がありますが、この作用により血糖コントロールに影響が出る為、糖尿病患者などが使用する場合には、注意が必要です。

胃で膨張する

水に触れると粘り気のあるゲルを作り、膨張する性質を持っています。この特徴から胃の中で膨らみ、満腹感を得られる効能があると考えられています。

これらの特性から、ダイエット食品の原料に利用され、生活習慣病の予防のサポート効果も期待されています。

ダイエットへの働き

グルコマンナンを食事前に摂取する事で、胃の中で膨張し、食欲が減退すると考えられています。それだけに留まらず、肥満成人の血中コレステロールや中性脂肪の低下をサポートする働きもあります。

DHAのコレステロールを調整する3つの効果もご参照下さい。

腸内環境を整える

グルコマンナンが腸内細菌で分解されると、オリゴ糖が生成されます。オリゴ糖はビフィズス菌を育てて、腸内環境を整えていくと言われています。

また、便をやわらかくして便通を促すのので、便秘解消をサポートする効果があると言われています。便秘改善をサポートするたった1つの栄養素もご一読下さい。

サプリメントだけのダイエット

グルコマンナンをサプリメントで摂取している人は、ダイエットを行おうと考えている人が多いとは思います。

しかし、このサプリメント「だけ」を摂取するといったダイエットはお勧めしません。サプリメントだけの生活によるデメリットも参考にして下さい。

栄養不足

食べ物の量をカットし、摂取カロリーを減らすと、当然体重は減少します。しかし、その分の摂取すべき栄養素は不足します。サプリメントだけで空腹感を満たそうとすると、栄養の欠乏は深刻なものになりかねません。

リバウンド

急激な摂取カロリー制限を行うと、リバウンドが起こりやすくなります。無理なく続けるには、1か月で1~2kgの減量をお勧めします。

エネルギー量

1か月で1kg減量する為には、1日あたり240kcal減らす必要があります。

1日の摂取カロリー

平均的な男女における、1日に必要なカロリーは以下の通りです。基礎代謝(遺伝子)や身体活動レベルにより異なるため、目安程度に考えて下さい。

  • 女性・・・1600~1800kcal
  • 男性・・・1800~2000kcal

バランスの良い食事とサプリメント

1日に必要なカロリーは人によって決まっています。その値に対して過剰であれば太りますし、少なければ痩せます。

しかし、摂取カロリーを極端に少なくすれば、急激な体重変化に体がついていけず、直ぐにリバウンドが起こりますし、栄養欠乏症にもなりかねません。

大切なことは、適度な食事と運動、そして、栄養バランスの管理です。ついつい食べ過ぎてしまいそうな時、サプリメントをうまく使用すれば、カロリーの過剰摂取を抑え、ダイエットをサポートします。

バランスの良い食習慣と運動、そしてサプリメントをうまく活用することで、摂取カロリーを整えて、無理なく体重を落とす事こそ、1番のダイエット法なのです。