女性の悩みの中でも特に多いのが、お通じに関する悩みです。お腹の張りや痛みは経験した人にしか分からない辛さがあります。

便が腸内に溜ると、不快なだけでなく、有害物質が発生して吹き出物などのトラブルや、病気の原因にもなりかねません。

そうならない為の、便通の改善をサポートする栄養素について解説していきます。

便秘とは

何らかの理由により、腸の一部が締め付けられ腸の蠕動運動が弱くなり、便が腸内を移動できずに排泄出来なくなったり、便の水分が減って硬くなり、排泄が困難な状態を指します。

一般的には、排便が一定期間無かったり、あったとしても出すのに困難が伴ったり、残便感があったりとした症状で認識されます。

症状の原因

不規則な生活で排便の習慣が定着していない事、そして一番の原因は肉主体、ジャンクフードによる、栄養バランスの偏りによる腸への栄養失調です。

ダイエットの影響も

また、便がある程度たまらないと便意は起こらないので、無理なダイエットをしている人は、栄養不足も影響し、便秘を引き起こしやすいと考えられています。

薬への過信は禁物

下剤などの市販薬に頼る人は多いと思いますが、安易にこれらに頼る事は控えて下さい。便秘薬を使用し続けると腸の動きがどんどん悪くなり、薬を服用しないと便が出せなくなってしまいます。

薬は本当に苦しい時だけ使用するようにして、極力自力で出せるような腸内環境を構築していくことが大切です。

便秘改善の為に出来る事

「生活習慣」と「腸内環境」の見直しを行うことが必要不可欠です。

生活習慣を変える

排便のリズムを作り、出す事を促してやることが重要です。

早起き

朝は早めに起きて、排便の時間を作りましょう。起床時にコップ1杯の水を飲み、しっかりと朝食を取ることも排泄の促進に効果的です。

食事は同じ時間帯に

朝昼晩ごはんを摂る時間をなるべく合わせることで、リズムを整える事も大切です。

適度な運動

腸のまわりの筋肉を動かすと、ぜん動運動が促されるので、こまめに体を動かす事も重要な要素です。

腸内環境を整える

便秘改善の為にもっとも重要なことです。おなかの調子を整え、健康的な体を作る為に必要な事だからです。

乳酸菌だけではダメ

腸内環境を整えると言えば乳酸菌が有名です。しかし、これらを摂取するだけでは腸内に残らずに排出されてしまい、毎日大量(ヨーグルト換算で500ml以上)の乳酸菌を摂る必要が出てきます。

長期的に善玉菌優勢の環境にする為には、その人の腸に元々棲みついている乳酸菌を増やすことが必要です。

プレバイオティクス

腸内に棲みついている乳酸菌を増殖する為には、これらに栄養価の高い餌を与えてやることが不可欠です。これらは「プレバイオティクス」と呼ばれており、オリゴ糖や、乳酸、食物繊維などが該当します。

オリゴ糖は最高の栄養素

中でもオリゴ糖は、ヨーグルトなどと混ぜて服用すれば、相乗効果でより効率的な改善が期待出来る為、効果が高いです。当HPでも紹介している「はぐぐみオリゴ」は自然な素材から生み出された超純度のオリゴ糖を摂取出来る為、お勧めです。

腸内環境をサポートする栄養素

内容をまとめると、以下の3点が腸内環境を整える為に重要な事です。

  1. 乳酸菌は腸内環境改善に有効な栄養素だが、これだけでは不十分
  2. 長期的に善玉菌優勢の環境にする為に、その人の腸に元々棲む乳酸菌を増やすことが重要
  3. プレバイオティクスが乳酸菌の増殖に必須であり、特に「オリゴ糖」が効果が高い

たしかに、サプリなどによる栄養摂取では、薬のような症状に対しての「劇的」な効果を得る事は出来ません。しかし、便秘薬は即効性がある一方で、使用し続けると腸の動きがどんどん悪くなり、薬を服用しないと便が出せなくなる等の大きな副作用を伴います。

サプリメントが担う役割は、身体に必要な栄養補給をサポートして、不調の根本原因を「副作用なく徐々に解消していく」ことです。腸内環境を整える為に重要な栄養素をしっかりと摂取して、健康的に自然に近いお通じを取り戻してみませんか。