フェルラ酸は、植物由来のポリフェノールであり、抗酸化作用を持つため、酸化防止目的でお菓子やデザート、化粧品にも使用されています。

脳機能や高血圧の改善を支援する効果があり、アルツハイマー病の症状改善についても注目されています。

そのようなフェルラ酸が持つ、アルツハイマーや認知症への働きを解説します。

玄米から取れるポリフェノール

フェルラ酸はイネ科植物の細胞壁に多く含まれるポリフェノールです。抹茶の退色防止やバナナの黒変防止などの酸化防止剤としての使用が認められています。

原料は玄米の表面を覆っている米糠が主体で、とうもろこしなどの食品にも含まれます。メラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素に働きかけ、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、紫外線の吸収性が強いことから多くの化粧品に配合されています。

システインの髪の育成と美白を支援するメカニズムでも詳しく解説してありますので、こちらもご参照下さい。

ぬかの部分に多く含まれる

フェルラ酸は、ぬかとして除去されてしまう米や小麦の糊粉層に多く含まれています。

そのため、精米技術の低かった時代はフェルラ酸含有量が多い米が主食で欠乏症は多くありませんでしたが、精米技術が上がった現代では不足しがちな栄養素として有名です。

フェルラ酸の効能

脳機能や高血圧の改善を支援する効果、軽度のアルツハイマー病の症状改善にも効果があるとされており、ラットを使った実験では、フェルラ酸に脳神経保護作用がある事が明らかになっています。

また、アルツハイマー病モデルマウスを対象としたフェルラ酸投与実験で、脳内の活性酸素が抑制され、脳細胞が保護されたことから、フェルラ酸はアルツハイマー病、認知症予防にも役立つと期待されています。

活性酸素は紫外線などによって大量に発生し、疲労や動脈硬化や肌荒れなど、体に対して様々な悪影響を与えます。

美容や健康において「抗酸化」という言葉が様々なメディアで叫ばれており、若返りやアンチエイジングにおいて、いかに「活性酸素」の影響を抑えるかが重要になっています。

アスタキサンチンの活性酵素から体を守る5つの働き

記憶力向上を支援

フェルラ酸は、傷んだ脳細胞を修復し、細胞が自ら死んでしまうのを防いでくれる脳細胞保護効果があるため、物忘れを防ぎ、学習記憶向上を支援する効果があるとも言われています。

アラキドン酸の脳の活性化と記憶力を高める効果も合せてご一読下さい。

紫外線を防いで美白への効果も

皮膚にフェルラ酸とビタミンC、Eの混合溶液を塗布した後、紫外線を照射した場合、皮膚の傷害が緩和されたとの報告もあり、皮膚保護作用についても注目されています。

また、フェルラ酸は紫外線を吸収して、メラニンの生成を抑制することから肌の色素沈着を防ぎ、透明感をもたらし、美白をサポートする効果があると言われています。

動脈硬化予防を支援

フェルラ酸には、HDL(善玉)コレステロールを活性化させる作用があり、LDL(悪玉)コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化などの疾患の予防をサポートする効果も期待されています。

クリルオイルの動脈硬化や血栓を予防する効果も合せてご参照下さい。

摂取量を意識して過剰摂取に注意

フェルラ酸は、植物由来の成分であり安全性は高いですが、過剰摂取による副作用には注意が必要です。興奮系の作用があり、過剰に摂取すると攻撃的になるなどのリスクがありますので、摂取量には注意しましょう。

フェルラ酸は、一日に「100mg以上」摂取される事が推奨されていますが、健康障害(過剰症)を起こさない上限量である1日「1,000mg」は超えないようにしましょう。

日常の食生活で不足しがちな成分(ご飯1杯の白米で6mg)であり、食事での過剰摂取の危険はありませんが、サプリメントなどの補助食品を使用する際は摂りすぎに注意しましょう。

フェルラ酸が持つ性質を正しく知り「適切に」活用する事は、アルツハイマー・認知症の予防や、脳の機能向上を支援して、実りある生活を送るための「心強い味方」となってくれるのです。