胃が重たく感じられて、働きや消化する力が弱まることは誰もが経験があることだと思います。

一時的なものはすぐに解消されますが、加齢やストレスが原因である日常的なものは、すぐに回復せず不快感が続きます。

そのような「胃もたれ」を改善していくための対処法を紹介していきます。

胃もたれと胸焼け

むかつきと、それによる倦怠感は似ているため、胃もたれと胸焼けを混同する人も多いと思います。しかし、発生するメカニズムは正反対です。

胸焼けとは

「胃液」には食物を消化するために強い酸性の消化液が含まれています。

また、食道と胃のつなぎ目には下部食道括約筋という筋肉があり、これがうまく動くことによって、胃液が食道に逆流しない仕組みになっています。

ところが、この筋肉の働きが悪くなったり、胃酸が増えすぎたりすると、胃液が逆流して食道に届いてしまいます。

これが「逆流性食道炎」と呼ばれる症状であり、食道の粘膜が荒れて、胸やけを起こす要因となるのです。

胃もたれ

胃もたれとは、胃が重たく感じられ、ムカムカ、鈍痛などの胃の不快な症状が表れる事をいいます。吐き気、下痢などを起こす事もあり、胃の動きや消化する力が弱まることによって起こります。

これらは、胸焼けと逆で胃酸が出にくくなったり、胃の運動機能が低下したりすることで食べ物が消化できず、胃の中に停滞してしまうことが要因で発生します。

起こる原因

発生するメカニズムは違いますが、胃もたれ、胸焼け共に起こる原因は同じで、「飲み過ぎ」や「食べ過ぎ」が原因です。

特に、日常的に高脂肪、高たんぱく質の料理を多く摂ったりしていると起きやすくなります。さらに、ずっと不快な症状が続くようになり、治りにくくなります。

中性脂肪とコレステロールについてもご一読下さい。

胃もたれの治し方

大切なのは食事の量を見直し、食生活を改善することです。特に、常に満腹になるまで食べてしまう人は、腹八分目を心がけるようにしましょう。

就寝前は控える

就寝する直前に食事をすると、胃に負荷がかかるので、2~3時間前には済ませるようにしましょう。

消化の良い料理を

また、胃に負担がかかる高脂肪、高たんぱく質の料理は取り過ぎに注意し、消化のよい料理(うどんやお粥)をよく噛んで食べるようにしましょう。

胃の作用を助ける栄養

消化能力や胃の働きが落ちたと感じる人は、消化酵素などの成分を摂取することが効果的です。

胃酸の分泌を整える

胃粘膜の新陳代謝を活性化させ、過剰な胃酸の分泌を抑えるビタミンU(キャベジン)は胸焼けなどにお勧めです。

ビタミンUを含む食品
  • キャベツ
  • レタス
  • セロリ
  • トマト
  • アスパラガス

消化を助ける

腸内で消化・吸収を助ける働きを持つ「ビール酵母」は胃もたれなどを防止する為に働いてくれます。

さらに、これらに含まれる食物繊維の作用で便通の改善をサポートする効果もあります。食物繊維のダイエットと便秘改善を支援する効果もご参照下さい。

ビール酵母を補給する

「酵母」はパンや納豆など様々な発酵食品に含まれています。しかし、「ビール酵母」を含むものは多くありません。ビールからの摂取も効率が良いとは言えませんので、サプリメントを活用した補給をお勧めします。

正しい食生活の大切さ

胃もたれ、胸焼けを改善するには、「食ベ物」や「飲み物」に気を配り、食生活を正すことが必要不可欠です。

特に、日常的に高脂肪、高たんぱく質の料理を多く摂ることは、これらの症状だけでなく、血液の流れ、特に血中のコレステロール値、生活習慣病などの問題も現れてきます。

腹八分目で、バランスの良い食生活を心掛けて暮らしていくことで、健康的で、健全な人生を支援してくれるはずです。