オクタコサノールは渡り鳥の大切なスタミナ源として知られています。

毎年、季節になると、数千kmもの距離を休む事なく飛び続けて移動を繰り返す渡り鳥の大切なエネルギー源です。

そのようなオクタコサノールが持つ、運動能力向上を強く支援する効果を解説します。

オクタコサノールの原料

植物の葉や果物の皮、種子などに存在する植物ワックスから抽出できるアルコールの一種です。

植物ワックスとは

植物の外界との接点である表面にあり、虫害や病害から身を守り、体内水分を調整する機能を持つ成分であり、米糠、小麦胚芽、サトウキビ、果物の外皮などに存在しています。

摂取量

明確な基準はありませんが、オクタコサノールを含むポリコサノールを1日あたり10mgを20ヵ月間摂取させたところ、運動による心血管疲労が緩和されたことのデータが存在します。

過剰摂取による副作用

オクタコサノールの副作用に関する報告は多くありませんが、過剰摂取して良いことは何もありません。1日20mgを上限として摂取する事を推奨します。

オクタコサノールの効能

オクタコサノールは運動能力向上効果を持ち、スポーツやトレーニングをする際にスタミナをつけ、エネルギーの生産をサポートします。

エネルギー変換の働きを支援

オクタコサノールは、エネルギが不足した際に肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲンをスムーズにエネルギーに変える働きがあります。

このため、オクタコサノールを補うことで効率よくエネルギーを生み出す事ができ、スポーツ時やトレーニング中のスタミナ切れを起こすことなく、持久力を高める効果が期待されます。

筋肉痛を軽減

オクタコサノールは、運動した後の筋肉痛を軽減する働きがあるとも言われており、疲労回復効果も期待されています。

クエン酸の筋肉痛を和らげる代謝効果カルニチン欠乏症は疲労回復やダイエットを妨げる?の記事もも合せてご一読ください。

ストレスから体を守る

ストレスの原因は精神的要因、環境的要因など様々ですが、オクタコサノールはこれらに対する抵抗性が認められており、緩和効果が見込まれています。

ストレスについては、ストレスに強い体を作る3つのサプリメントにて詳しく解説してありますので、こちらもご参照下さい。

コレステロールへの効果

オクタコサノールには、HDL(善玉)コレステロールを維持しつつ、LDL(悪玉)コレステロールを低下をサポートする力があると言われています。

そのため、心疾患や高血圧、肥満、動脈硬化などの生活習慣病の予防を支援する効果が期待されており、オクタコサノールを主成分とするポリコサノールの経口摂取により、脂質異常症を改善させたという臨床試験報告も存在します。

DHAのコレステロールを調整する3つの効果高血圧の予防とリスクを下げる為の栄養管理ナットウキナーゼの心疾患予防を支援する効果も是非ご一読下さい。

まとめ

オクタコサノールは、運動能力向上効果を持ち、スポーツやトレーニング時のスタミナ切れを防ぐことで、スポーツやトレーニングによる体を鍛える効果を高める作用があります。

また、運動後の筋肉痛を軽減し、ストレスや肥満、動脈硬化などのコレステロールによる生活習慣病などの予防を支援します。

オクタコサノール「だけ」での副作用はありませんが、パーキンソン病の方は、治療薬との飲み合わせにより神経緊張を高めてしまうリスクがありますので、独自の判断は控え、お医者様に相談の下、服用するようにして下さい。

どのような事にも言える事ですが、その栄養素が持つ性質を知り、適切な量を守って利用する事がサプリメントの効果を発揮する上で最も重要な事です。

オクタコサノールを正しい知識の元で適切に摂取することは、病気やストレスに負けない、強靭な体を作る強い味方となってくれるはずです。