日本人が歯を失う原因で一番多いのが歯周病であり、30代以上の約8割がこれらの炎症を患っていると言われています。

病状が進行すると出血が起こり、そのまま放置すると歯がぐらついて、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

このような怖い歯周病を予防する3つのポイントを説明していきます。

増える歯周病の割合

歯周病は、口内の細菌の感染によって引き起こされる病気です。歯の境目(歯肉溝)に多くの細菌が停滞すると、炎症を引き起こし、病状が表れます。

歯周病は中高年層(特に50代)の病気と言われていますが、実際には10~20代の約70%が歯ぐきに炎症がみられます。これらの事実は、若いうちからの予防が大切であることを示しています。

歯周病の割合

歯周病を防ぐ

歯が抜けることもある恐ろしい病気ですが、正しい方法でメンテナンスを行えば、予防する事が可能です。

歯磨きをしっかりと行う

適切な方法で歯を磨くことは非常に大切です。特に、就寝中は唾液が少なくなって歯周病が進みやすくなるので、就寝前は時間をかけて丁寧にみがくようにしましょう。

検査も重要

毎日丁寧にみがいていても、歯茎の境に「バイオフィルム」と呼ばれる汚れや、最近の集合物が少しずつ付着してしまいます。

1年に2~3回は専門医の方に検査行ってもらい、歯の状態を確実にチェックしてもらうことが理想です。

バイオフィルムとは、細菌同士が寄り集まってスクラムを組んだ状態になってどこかにへばりついているもののことです。

最近では、プラーク(歯垢)は、バイオフィルムの一種としてとらえられるようになってきました。台所のシンクを掃除しないで放っておくとヌルヌルとしたものが表面につきますが、これもバイオフィルムの一種です。

歯の表面にへばりついてネバネバヌルヌルした白っぽいもの、つまりプラークはまさに典型的なバイオフィルムなのです。

たばこが悪化を招く

最も歯に悪い生活習慣は喫煙です。タバコを吸うと口の中の血行が悪くなり、歯ぐきに栄養が行き届きにくくなるためです。

ストレスも要因の1つ

また、ストレスの多い人は唾液が少なくなるので、歯周病菌が繁殖しやすくなります。歯の健康のためにも、ストレス解消や禁煙を心がけるようにしましょう。

ストレスに強い体を作る3つのサプリメントも良ければご覧下さい。

菌をやっつける

歯周病の予防効果が期待される成分としては、歯周病菌を殺菌する効果をサポートする作用がある「カテキン」や「乳酸菌」などがあります。

これらの栄養素を食品やサプリで摂取することで、歯周病菌の繁殖を食い止める事が出来るのです。便秘改善をサポートする乳酸菌もご参照下さい。

口臭対策

カテキンには、他にも、抗菌・消臭を支援する作用があります。緑茶でうがいをすると、虫歯や口臭を和らげ、お茶で手を洗うと多くの細菌が除去されると言われています。

寿司屋で「あがり」が出されるのは、生ものについた菌を除去しようという先人の知恵なのです。

まとめ

歯周病の初期は「歯肉炎」と呼ばれ、歯茎が腫れぼったくなる程度です。しかし、このまま放っておくと、最終的にはグラグラになり、抜けてしまいます。

これらを防ぐためにも、普段から「歯磨き」をしっかりと行い、口の中を清潔に保つことは、予防にとても有効であると言えます。

これに加え、「禁煙による生活習慣の改善」、「乳酸菌やカテキンなどの栄養素を適切に補給する」ことが、歯周病を防ぐために非常に大切な事なのです。