常に気を使い、神経をすりへらす毎日を過ごす日々、ストレスは現代病とまで呼ばれるほど有名であり、深刻な問題となっています。

ストレスに晒されながらなんの対抗措置も講じなければ、生活習慣病などの深刻な病気を患ってしまいます。

そうならない為の、ストレスに強い体を作るサプリメントについて解説していきます。

ストレスとは

大体の方が身体や精神に掛かる負担や疲労感、またその原因を「ストレス」と呼ぶことが多いと思います。ですが、実際には様々な内外の要因から刺激を受けている「状態」をさします。

「身体に掛かっているもの」つまり原因となるものはストレッサーと表現します。

ストレッサー

ストレスを生み出す原因はいくつかあり、身体に対する刺激の種類によって分類されます。つまりストレスとは、下記のストレッサーによって体に負担がかかっている状態を指します。

  • 薬物などによる科学的要因
  • 気候の寒暖などによる物理的要因
  • 寝不足などによる生物的要因
  • 悩みや不安などによる精神的要因

いずれにせよ、このストレッサーにより圧力を受けた体は、その種類や度合いにより様々な反応を起こします。例えば、不安や興奮を覚える事で、身体が緊張状態に陥るのも一種のストレス反応といえます。

ストレスそのものは生体において適度には必要なものです。非主観的なストレスも含め、全くストレスを覚えないということは無気力状態ということであり、逆に身体の機能が低下することを意味します。

過剰な負担が与える悪影響

ストレッサーによる過剰な身体への負荷は危険視するべき問題であり、現代病である精神的疾患や生活習慣病などの大元となりえます。現代の仕事の激務や人間関係からくる生物的、精神的ストレッサーによる心身への影響は計り知れません。

ストレッサーによる連鎖反応

やっかいな事に、各々のストレッサーは他のストレッサーを引き起こす原因となりえます。どれかを強く受ける事で第2、第3の重みがかけられることになるのです。

精神的ストレスからくる身体の不調などは、まさにそれを表していると言えるでしょう。

ストレスに強い体

生活をしていく中で新たなストレッサーというのは無限に湧き出してきます。ストレッサー自体をゼロにすることは不可能ですが、それによって発生する身体への害を抑える事は可能です。

活性酸素

これ自体、免疫系において人のカラダになくてはならないものなのですが、過剰に産生されることで、本来、異物をターゲットにしていた活性酸素が自己の細胞を攻撃してしまう事が問題となります。

過剰活動による弊害

人間が運動したり、食事をしたりするだけでも、体内ではエネルギーが必要になり、これらを37℃で燃やせば「燃えカス」として活性酸素が発生します。

精神的であれ、肉体的であれ、ストレッサーによる刺激を受ければ体内でそれを回復しよう、回避しようとする活動が起き、やはり活性酸素が発生するのです。

抗酸化作用

ビタミンCやビタミンEは抗酸化物質と呼ばれ、活性酸素を無害化する働きをサポートする効果があります。ストレスによる体への影響を抑える為にも、これらの確保はとても重要です。

精神を安定させる作用

ビタミンB群には神経の興奮を鎮め、精神の安定をサポートする効能があります。精神的ストレスを感じた時などに服用すると良いです。月経前のイライラにはB6も効果が高いです。

脳の機能維持

DHAは脳に多く含まれており、これらの機能維持をサポートする重要な役割があります。この働きによりストレスにも有効的な成分といえます。

血液の働きもサポート

DHAには他にも血液中の脂肪酸を抑える働きを支援する重要な役割があり、スムーズな血液の流れをサポートします。

ストレスに効果的なサプリメント

内容をまとめると、以下の3つの栄養素群がストレスに効果が高いと言えます。

  1. 抗酸化作用があり、活性酸素の無害化をサポートするビタミンCとビタミンE
  2. 精神を安定化を手助けするビタミンB群とビタミンB6
  3. 脳の機能維持に加え、血液中の脂肪酸を抑える働きをサポートするDHA

これら3つの栄養群を効率よく摂取する事が、ストレスに強い体を作る心強い味方となります。

そして、この3つを同時に摂取出来るお勧めサプリメントが「きなり」です。身体の疲れ、ストレス改善に必要な栄養をしっかり補ってくれます。詳細については下記をご参照下さい。