更年期障害による不眠、イライラ、不安など不調は、40代から50代の女性に多いという印象を持つ方が大半です。

しかし、実際には20代などの若い世代の女性の中にも、更年期障害の症状で悩んでいる方は多く存在します。

そんな若年性更年期障害の原因と、それらの症状を和らげるためのサプリメントを紹介します。

更年期障害とは

女性が閉経を迎える前後5年ずつの10年程を「更年期」といいます。この時期に、「ほてり」や「のぼせ」、「冷え」、「不眠」、「イライラ」などの心身の不調を感じることを「更年期障害」といいます。

更年期障害になりやすい人

性格的に几帳面でまじめな人ほど、これらの障害が起こりやすく、症状も重症化しやすい傾向にあるといわれています。

女性にとっての更年期は、子供の独立や親の介護、職場での重圧など、さまざまな悩みが交錯する時期です。気を張り過ぎないようにして、ゆったりとした気持ちで生活を行いましょう。

更年期障害の原因

女性ホルモン(エストロゲン)は女性の体全体に働きかけ、体調を維持する役目を担っています。

しかし、更年期になると卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減少します。このため、心身に様々な異常がおこるのです。

若年性更年期障害

女性の社会進出が当たり前の現在、多くの女性が精神的や肉体的にもストレスを感じるようになってきています。

身体がストレスを受けると、脳の機能が抑制されてしまい、女性ホルモンを正常に分泌する事が出来なくなってしまいます。

正常に女性ホルモンが分泌されないと、ホルモンバランスが乱れてしまい、神経、血圧、免疫などの状態も崩れ、子宮の委縮、血流循環の悪化が起こり、生理時特有の辛い症状が引き起こされます。

更年期障害の原因が女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏や不足であることは、上記の通りです。つまり、「若年性更年期障害」とは、年齢の積み重ねで起きやすくなる不調が、不規則な生活や過剰なストレスなどが要因で、20代~30代の女性に症状として表れることなのです。

頻尿や不妊の原因にもなりえる

エストロゲンが不足すると、膀胱が委縮するため、頻尿の症状が起こります。更年期以降に頻尿を訴える女性が多いのはこのためです。20代女性の頻尿の原因と症状を改善するサプリもご参照下さい。

また、エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、妊娠や更年期障害の対策の為にも重要な大切な女性ホルモンです。月経不順の原因と妊娠の為にサプリが出来る事も合わせてお読みください。

男性も更年期障害になる?

男性も男性ホルモンの分泌が減少することによって、更年期障害が起こることがあります。ただ、女性に比べてホルモンの減少や症状がゆるやかであり、個人差もかなり大きいのが特徴です。

症状を緩和する為にできること

規則正しい生活を心がけ、仕事などで無理をしない、楽しみを見つけるといった精神面での休息を摂る事が予防に繋がります。それらに合わせ、栄養補給をしっかりと行うことで、更なる改善に効果を発揮します。

女性ホルモンの減少をサポート

女性ホルモンが減少すると、骨量が減りやすくなるので、カルシウムやビタミンDをしっかりと補給しましょう。フランス海岸松樹皮も更年期障害による症状の緩和をサポートします。

カルシウム吸収を促す最も効果的な摂り方ビタミンDのカルシウム吸収を促す強力な効果も合わせてお読み下さい。

エクオールによる効果

少し前までは、症状の予防・改善のために、体内で女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの補給が推奨されていましたが、最近の研究でこの効果には個人差があることがわかっています。

そのため、より高い効果が期待されるエクオールが注目されています。

エクオールとは、大豆イソフラボン(ダイゼイン)から作られ、女性ホルモン(エストロゲン)に似たはたらきをする成分。エクオールは大豆イソフラボンよりもさらにエストロゲンに近いはたらきをするとされ、「スーパーイソフラボン」として注目を集めている。

大豆イソフラボンは女性の美容、更年期障害の軽減などに効果のある成分として注目されており、エクオールはこれらの効果をさらに効率化する成分として新たに注目されつつある。

ストレスに負けない体を作るサプリ

ストレスは大病のもととも呼ばれ、これらに晒されながら対抗措置を講じなければ、ホルモンバランスの乱れや、生活習慣病などの深刻な病気を患う可能性もあります。

ストレス自体をゼロにすることは不可能ですが、それによって発生する身体への害を抑える事は可能です。ストレスに強い体を作る3つのサプリメントも是非お読み下さい。

快適な生活を送るために

イライラ、不安感、倦怠感などを感じる更年期障害による心理的疲労は、女性を悩ませる特に辛い症状です。

さらに、ストレスや不規則な生活による、ホルモンバランスの乱れは、「若年性更年期障害」として、まだまだ若い世代の多くの女性を苦しめています。

最近は、専用の窓口を設置している医療機関も増え、女性ホルモン補充療法などの治療が行われていますが、本当に重要なのは、ストレスなどの精神面影響やホルモン減少を「栄養補給や休息」によって恒久的に対策することです。

肩の力を抜き、ストレスをためないように注意する事や、「サプリメントをうまく活用する」ことは、更年期障害の解消を支援し、より快適な生活が送れるようになるための「心強い味方」となってくれるはずです。