不規則な生活が引き起こす栄養不足

今の日本人の食生活は欧米化し、肉主体の食習慣になってきてます。更に、身体の疲れやストレス、不規則な生活の影響もあり、加工済の食物(インスタント等)を食する機会も増え、栄養学的にかなり偏った状態になっています。

魚や野菜などの食材は、体の健康に欠かすことが出来ない栄養素の宝庫ですが、食生活の乱れなどが原因となり、食事全体に対する魚の摂取量がかなり減少しています。

深刻な魚離れ

1960年には1人1年当たりの食肉(牛肉・豚肉・鶏肉等)供給量はわずかに3kgでしたが、2013年はその10倍の30kgとなり、肉摂取量が魚摂取量を逆転しました。

魚消費量

必須脂肪酸

魚と肉には共に体に欠かせない栄養素が含まれています。これらは体で合成されない為、適切な量を体外から摂取する必要があります。

魚の栄養素

n-3(オメガ3)系脂肪酸(α-リノレン酸)を多く含む。DHAやEPAなどが有名です。

肉の栄養素

n-6(オメガ6)系脂肪酸(リノール酸)を多く含む。アラキドン酸などと呼ばれています。

栄養バランスの重要性

これらをバランス良く、具体的には1(n-3系):4(n-6系)の比率で摂取する事が望ましいとされています。

しかし、現在の日本人の平均は1:14と大きくバランスが崩れており、n-3系(DHAやEPA)の栄養素が圧倒的に足りていません。

n-3系(特にDHAやEPA)は血液中の働きを司る重要な栄養素です。これらの補給をサポートするのが、DHA・EPAサプリメントであり、その中でお勧め出来るのが、今回紹介する「きなり」になります。

きなりとは

さくらの森社様が制作されたDHA・EPAサプリメントであり、口コミでもかなり評判が良く、驚異のリピート率92.3%を達成しており、2015年には優秀品質品評期間モンドレセクションより「最高金賞」を獲得しています。

モンドセレクション(Monde Selection)とは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体であり、ベルギー連邦公共サービスより指導及び監査を受け、モンドセレクションより与えられる認証(この組織では賞と表記している)である。

「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」「消費者への情報提供」等の項目を評価し、各項目の点数を加算し総合得点によって各カテゴリごとに最高金賞、金賞、銀賞、銅賞が授与される。

  • 100点満点の90点以上で最高金賞(グランドゴールドメダル)
  • 80点以上で金賞(ゴールドメダル)
  • 70点以上で銀賞(シルバーメダル)
  • 60点以上で銅賞(ブロンズメダル)

商品外観

実際のきなりのパッケージ状態などを紹介していきます。

到着直後

注文してから2日で手元に到着、待たされることもなく、丁寧に梱包された状態で届きました。

外観

さらに、健康状態をチェックできる確認シートもついてきました。優しい心遣いです。

チェックシート

開封

梱包を外すと、飲み方についてのアドバイスや、困ったときの連絡先などの資料があり、その下にサプリメント本体がありました。
開封後

サプリメント本体

本体のパッケージを紹介します。表面には「きなり」の文字がしっかりと書かれています。

きなり表外観

裏面には成分の詳細や注意事項について詳しく書かれています。

きなり裏外観

サプリメント本体です。オレンジ成分を凝縮した色合いで抵抗なく飲めそうです。

きなりサプリ外観

サプリメントの成分

きなりに含まれる成分について詳しく解説します。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)

血液中での脂肪酸合成を抑える酵素の力をサポートする重要な成分です。

厚生労働省は、国民の健康維持・増進を目的とした基準の中で、DHA・EPAを始めとする、オメガ3脂肪酸の摂取量を1日1000mgとする事を推奨しています。しかし、これらを満たしている世代は無く、特に10~40代では200~300mg(1/3以下)程度しか摂取出来ていません。

それに伴い、栄養不足による生活習慣病などの悩みが年々増加傾向にあります。「きなり」は500mg(クロマグロの刺身5人前分)の上質なDHA・EPAを配合しており、不足しがちな栄養補給を強く支援します。

DHAとEPAの違い

DHAとEPAは、どちらも生活習慣病などの改善をサポートする働きがある為、ほとんど同じ成分と考える方は多いです。しかし、実際には働きかける器官や効果において、明らかな違いがあります。

血液への働き

DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きにより、血流をサポートします。これに対してEPAは、血小板凝集抑制をサポートし、血栓をつくらせないように作用します。

神経系への働き

DHAとEPAは、摂取されると小腸で吸収され、肝臓を通って血液に向かいます。その後、DHAは神経系の細胞の成分となるために、血流に乗って脳まで送られていきます。

脳の入り口には血液脳関門というものがあり、要否を選り分けているのですが、DHAはこの関門を突破できる数少ない成分です。その為、脳の活動を支援する重要な成分とされています。

一方のEPAは、この関門を突破できないので、神経系への働きかけはありません。

相乗効果

EPAは主に血液に働きかけ、血栓や中性脂肪が溜まるのを防ぐようサポートします。一方のDHAには、脳や目の網膜に働きます。また、EPAとDHAを一緒に摂取すると、効果の幅が広がり、それぞれの効能を高め合う事ができます。

クリルオイル

南極オキアミから抽出された新型オメガ3脂肪酸です。DHAやEPAとは異なり、極めて特殊な形で形成されています。

一般のオメガ3脂肪酸はトリグリセリド結合型であるのに対して、クリルオイルはリン脂質結合型であり、消化作用などが大きく異なります。

DHA・EPAの吸収効率を高める

DHAやEPA「だけ」で摂取した場合、消化管の中で胆汁酸やリパーゼの働きによって、トリグリセリドとDHA・EPAが分解された後に吸収される為、吸収効率が非常に悪いです。

クリルオイルの「リン脂質結合型オメガ3」は、リン脂質自体が乳化剤として体内への吸収を促すため、DHA・EPA吸収力を高め、体中の細胞一つ一つにDHAやEPAを行き渡らせてくれるのです。

アスタキサンチンの力

DHAやEPAは健康効果が非常に高い反面、酸化に弱いという難点があります。これらを補うよう作用するのが、抗酸化剤として名高いアスタキサンチンです。

サケやカニ、エビなどの赤色部分の成分ですが、クリルオイルにも多く含まれており、その強力な抗酸化力を十分に発揮します。

アスタキサンチンの抗酸化力は、同じ性質を持つビタミンEの1,000倍とも言われており、「史上最強のカロテノイド」と呼ばれています。これらの働きによりDHA・EPAの酸化が抑えられ、健康への効果を十分に得る事が可能になります。

リン脂質が持つ健康への効果

クリルオイルの約半分を占めるリン脂質は、脳神経や神経組織を構成する重要な物質です。大豆レシチンなどを通して、健康に役立つ成分であることが知られています。

血栓や動脈硬化、脂肪肝、高脂血症の予防をサポートし、ストレス対策やアンチエイジングにも有効です。

ビタミン類

きなりには野菜などに含まれるビタミン類も豊富に配合されています。ビタミンには皮膚や粘膜を健康に保ち、成長を補助する働きがあり、しっかりと摂取する事が推奨されています。特にビタミンEには、ストレスよる活性酸素の発生を抑える働きをサポートする力があります。

1日当たりの摂取目安量 耐容上限量 内容量
ビタミンE 8.0mg 900.0mg 16.02mg
ビタミンB1 1.0mg 上限無 20.0mg
ビタミンB2 1.1mg 上限無 11.10mg
ビタミンB6 1.0mg 60.0mg 3.60mg

ビタミンの過剰摂取について

水溶性ビタミンは、過剰に摂取した場合でも尿として体外に排泄されるので、大目に摂取しても問題が無く、基本的には上限値が規定されていません。(ビタミンB6は水溶性ですが、上限値があります)

きなりでは上限値を超えている物はなく、過剰摂取によるリスクはありません。

脂溶性ビタミンは肝臓をはじめとする体内に蓄積されるため、過剰摂取による副作用が出てくる危険性があります。例えば、脂溶性であるビタミンA,Eなどを取り過ぎると、下痢などの食中毒に近い症状が起こる可能性があります

ナットウキナーゼ

納豆は大豆の栄養と発酵によって生まれる健康維持に効果の高い食品です。

そして、その中に含まれる「ポリグルタミン酸」によるネバネバ成分が、体の中でサラサラ成分として働きます。この成分が「ナットウキナーゼ」であり、美容の為にも欠かせない重要な栄養素です。

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンに働きかけ、分解(溶解)をサポートする作用があります。さらに、身体の中の血栓溶解酵素の前駆体を活性化を支援します。

年齢と共に生成量が減少

これらの成分は血液の働きを補助する大切な役割を持っていますが、加齢とともに体内での生成量が減少していきます。その為にも体外から栄養素を補うことが必要になってきます。

ビタミンKはナットウキナーゼの敵

実は、納豆を構成する成分全てが血液の流れに良いという訳ではありません。その代表的な物が「ビタミンK」であり、血液の凝固を促進させる、真逆の性質を持つ成分が納豆には豊富に含まれています。

血栓症に悩む患者さんに処方されるワーファリンは、肝臓でビタミンKの生成を抑制し、血液の凝固を阻止する効果をもつ医薬品であり、ビタミンKと一緒に摂取すると、相互作用が働いて薬品の作用を弱めてしまうのです。

こういった点から見ても、有効なナットウキナーゼ「だけ」を無理なく摂取出来る「きなり」は、血栓症の心強い味方といえます。

総合評価

サプリメントとしての働き、品質、価格とのバランスなどを踏まえて評価していきます。

商品の品質

サプリメントなどの口に入れる物は安全性が重要になってきます。「きなり」に使用されている材料はGMP取得の国内工場で製造されたものを使用しており、最高レベルの品質にて管理されています。

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステム。

継続して消費者に製品の安心と安全を保証するため、認証した製造施設を毎年監査し、3年後には改めて再度、新しく監査認証を行う。監査はより公正かつ客観性を保つために、専門性を有する第三者の外部機関の、医薬品GMPのエキスパートにより厳正に行われる。

価格とのバランス

価格は特別モニター初回限定で1,980円(2回目以降は3,790円)です。値段だけで見るともっと安い(30日分で1,200円前後)DHA・EPAサプリメントはいくつか存在します。

しかし、繰り返しますがDHA・EPA「だけ」では吸収率が悪く、酸化しやすいデメリットを持ちます。その為、クリルオイルが持つ吸収効率を高め、酸化から守る力が不可欠です。上質な「クリルオイル」と「DHA・EPA」を合せて補給出来るサプリはこの価格帯には存在しません。

さらに、血液の働きを補助する大切な役割を持つ「ナットウキナーゼ」、皮膚や粘膜を健康に保ち、成長を補助する働きをもつ様々な「ビタミン」を同時に摂取できるサプリメントも他にはありません。これらの成分が持つ有用性は92.3%ものリピーターが証明しています。

また、購入に関しても「安心の返金保証」が付いてきます。

返金対応

サプリメントとしての有用性に加え、返金保証なども付いてきており、費用対効果はかなり高いと言えます。

きなりをお勧め出来ない人

  • 毎日、クロマグロ刺身10人前以上の栄養素を完璧に摂取出来ている人
  • 血液について何も悩みがない人
  • 健康管理に全く不安なく生活できている人

きなりをお勧め出来る人

  • 不健康な生活、食生活の乱れなどが気になっている人
  • ドロドロや生活習慣の悩みが気になっている人
  • スッキリした生活、スムーズな流れを取り戻したい人

よくあるQ&A

魚と納豆の組み合わせによる臭いが気になります・・・
きなりオリジナルの製法により、オレンジによる柑橘系のさわやかな臭いを組み込むことに成功、納豆やDHA・EPAサプリ特有の臭いを抑えています。他社のDHA&EPAサプリでは臭いが合わずに飲めなかった人も飲めるという意見も沢山あります。
どのようにサプリメントを飲めばいいでしょうか?
1日4粒を目安としてお飲みください。4粒で厚生労働省が推奨しているDHA・EPA摂取量の半分を摂取できます。
魚を普段ほとんど食べない方は、8粒を上限に食生活に合わせお飲み下さい。健康の為、毎日の習慣として忘れずに飲むことが重要です。
サプリメントはどの時間帯に取るのがいいのでしょうか?
通常の食事と同様に、一日に必要な摂取量を朝、昼、晩と分けて取るのが理想的です。分けての摂取が難しいという場合には、夜に取ることを推奨します。
理由は昼間に栄養を取ると、運動などによる消費に回ってしまい、細胞の修復にまで栄養素が回らない可能性がある為です。
子供に飲ませても大丈夫でしょうか?
DHA・EPAは脳機能や精神状態の安定をサポートする重要な栄養成分であり、お子様こそ必要とされていますので、是非飲ませてあげて下さい。1日の摂取量については、さくらの森スタッフ様より年齢に応じた量をアドバイス頂けるので安心です。
サプリメントの副作用が心配です・・・
「きなり」の成分は、天然の成分のみで調合されており、副作用はありません。お子様からご年配の方まで安心してご利用頂けます。
ただ、栄養は摂りすぎても良くない為、摂取量の上限(8粒以下)は守ってご使用ください。
アレルギーの心配はないのでしょうか?
「ナットウキナーゼ」には大豆のアレルギーを引き起こす成分は含まれていないので、大豆アレルギーの方でも使用は可能です。ただ、万一の事態もありますので、念のためにお医者様に相談の上で、摂取して下さい。
魚(DHA・EPA)には「マグロ」を使用しています。以前にマグロでアレルギーを起こしたことがある方は、控えて頂くか、お医者様にご相談の上で、お召し上がりください。
定期便を止めたいのですが・・・
定期便のキャンセルについては、次回お届け日の10日前であれば、「電話」もしくは「メール」にて直ぐに対応可能です。
また、飲み忘れで余っているときなどに、定期便を1回お休みすることも同様の方法により対応できます。
どちらの場合でも、迅速に対応頂ける環境がそろっていますので、万一お体に合わなかったとしても安心できます。

おわりに

人間の身体は食べ物からの栄養でできており、選び方を間違えると体の作り替えが正常に行われず、不調が生じてしまいます。これらの根本的な原因が、肉や加工食品などに偏った食事にあると感じる事は、現代社会ではかなり多いのではないでしょうか。

私たちの肉体は驚くべき速さで入れ替わっています。わずか1か月の間に、手足や心臓、消化器の筋細胞が60%以上、体の肝心の部分である肝臓に関しては実に96%以上の細胞が作り替えられているのです。健康な体を手にするには、正常な体の作り替えが不可欠です。

サプリメントは消化分解の済んだ動植物の様々な栄養素を、「コンパクトに吸収しやすく」集めたものです。だからこそ体を作り替える力が弱っている状態の人こそサプリの効果が発揮されます。その点でも「きなり」はスムーズな流れを作る心強い味方となってくれるでしょう。

たしかに、サプリメントは薬や医療的処置などに比べると、様々な症状に対して「劇的」な効果を得る事は出来ないかもしれません。

しかし、薬や医療的処置は即効性がある代わりに副作用や時に大きな身体的負担を伴います。サプリメントが担う役割は、身体の正常な作り替えをサポートする事で、「不調を未然に防ぐ」こと、あるいは、不調の根本原因を「副作用なく徐々に解消していく」ことです。

ここでの選択が、今後の皆様の健やかな生活への手助けになれば何よりです。

きなり 公式HPへ