エリスリトールはカロリーがほとんどない甘味料として、ガムやキャンディ、清涼飲料水などによく使われています。

また、歯周病などの歯の病気にも効果があると言われており、キシリトールなどと合せて使用されています。

エリスリトールが持つ、虫歯改善と糖質コントロールを支援する効果を解説します。

エリスリトールとは

キノコや果物に含まれる糖アルコールに分類されます。甘味度が砂糖換算で75%程度の天然ノンカロリー甘味料として、糖尿病患者の食事にも使用されています。

また、水溶時に熱を奪う特性があり冷感を与えるので、ガムやキャンディ、ジュースなどに利用されています。

野菜の青臭さを抑えて化粧品の原料にも

エリスリトールを野菜ジュースに0.5%~1.0%ほど添加することにより、特有の青臭さが抑制されると言われています。

また、水分を引き寄せる性質を持っており、優れた浸透性とベタつき感の少ない使用感から、化粧品の保湿成分としてもよく用いられています。

危険性と副作用

エリスリトールは他の糖アルコールと同様に、大量摂取するとおなかがゆるくなり、下痢(緩下作用)を起こすことがありますが、一過性であり副作用や健康被害などの心配はなく、安全性が高いことが確認されています。

JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門委員会)により『安全性が十分に高いので、1日摂取許容量は定める必要がない(ADI not specified)』との評価を受けており、その安全性は世界的にも認証されています。(1999年6月)

エリスリトールの効能

経口摂取されたエリスリトールは、小腸で非常によく吸収され血中に移行します。しかし、人はエリスリトールの分解酵素を作ることが出来ないため、血中では代謝されずに、99%がそのまま尿中に排出されます。

これらの性質より血中における糖の濃度(血糖値)が上がる事がなく、糖質を制限・コントロールするには最適の成分と言えます。

虫歯を防ぐ

虫歯の発生には、細菌・宿主・食事の3因子が関わっていますが、エリスリトールは、宿主因子と食事因子の除去に寄与します。

また、エリスリトールは虫歯の原因となる酸を産生させないため、虫歯を予防する効果があると考えられています。

キシリトールとの組み合わせ

コホート(対象集団追跡)研究において、キシリトールとエリスリトールを配合した錠剤を摂取することで、歯周病原菌の一つであるミュータンス菌の発育抑制につながったという研究結果も出ています。

歯周病の痛みを予防する3つのチェックポイントも合せてご参照下さい。

口臭予防にも効果あり

ストレスや疲労、加齢に伴って唾液の分泌量が減少し、口腔内の殺菌作用が弱まると、歯や舌などで細菌が繁殖し、その集合体である歯垢(プラーク)や舌苔が生じます。

エリスリトールは口腔内の細菌集合体を分散させることにより、口臭を防ぐ効果が高いと言われています。

ストレスに強い体を作る3つのサプリメントカルニチン不足による疲労回復やダイエットへの弊害レスベラトロールの老化予防と若返りへの効果などの記事も合せてお読み下さい。

まとめ

エリスリトールは、血中では代謝されずにそのまま尿中に排出される為、血糖値が上がる事がなく、糖質のコントロールするには最適の栄養素です。

さらに、虫歯予防、歯周病や口臭に対してもその効果が研究され、認められつつあります。

エリスリトールは危険性はなく、安全性が高いことが確認されていますが、大量に摂取すると一時的にお腹がゆるくなり、下痢などを起こすことがあります。

下痢などを起こさない体重あたりの量は、成人男性で0.66g/kg体重、成人女性で0.80g/kg体重と報告されており、これらを一般的な成人に当てはめると「約40g」となります。摂取限度量はこの値を目安として下さい。

エリスリトールの性質を知り、適切な量を守って利用することは、歯の健康や、正しい糖質コントロールによる健康的なダイエットを力強く支援してくれるはずです。