海藻の表面にある独特のヌルヌルした成分の一つが「フコイダン」です。

フコイダンには、外敵から体を守る「免疫システム」を助ける働きがあり、様々なメディアなどで注目されています。

フコイダンの免疫力を高めて、ピロリ菌から身を守る働きを解説します。

フコイダンとは

フコースという単糖類を主成分とする多糖類で食物繊維の一種であり、海藻の中でも昆布、ワカメ、モズク、ひじきなど褐藻類と呼ばれる種類だけに含まれています。

フコイダンを多く含むのは、モズクですが、なかでも沖縄モズクはフコイダンの含有量が多いと言われています。

海藻の身を守る成分

フコイダンは海藻が潮の流れや衝撃で傷ついたときの修復、また周囲の微生物に食べられないように自分自身を守るために必要な成分と考えられています。

フコイダンの効能

外敵から身を守り、免疫力を高める効果があります。加齢、活性酸素、ストレスなどで体内の免疫力は少しずつ低下しますが、弱っている所にウイルスなどが侵入してくると病気になってしまいます。

フコイダンは、細菌に感染した細胞を死滅させる働きを持つナチュラルキラー(NK)細胞の活性を高める作用を持ち、体の免疫を高めると考えられています。

また、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える働きを支援する作用も確認されています。

ストレスに強い体を作る3つのサプリメントラクトフェリンの免疫力や筋肉増強を支援する効果メタボのリスクと症状改善を積極的支援するサプリなども合せてご参照下さい。

ピロリ菌を体外に排出する

また、独自のヌルヌルはフコイダンの持つ硫酸基の特徴ですが、このヌルヌルで胃の粘膜を保護し、ピロリ菌などを吸着して体外に排出する効果もあるとされています。

ピロリ菌は胃の弱った部分にくっついて増殖し、胃潰瘍や胃がんなどの原因となる菌ですが、フコイダンはこれらにより炎症を起こしている部分にも働きかけ、修復してくれる作用もあると考えられています。

スルフォラファンのピロリ菌減少とがん予防の効果でも解説してありますので、こちらもご参照下さい。

アポトーシス

フコイダンの一種であるU-フコイダンは、アポトーシス(細胞の自死)に働きかけ、がん細胞を死滅される働きがあると考えられており、癌の治療についても研究が進められています。

食物不耐症を予防する

食物不耐症は「非アレルギー性食物過敏症」とも言われており、特定の食物を消化することが困難な病気です。疲労の原因の一つとされており、先天性と後天性のものとがあります。

いずれの場合においても、すぐに症状が表れるアレルギー性のものではなく、数時間たってから下痢をしてしまったり、体調が悪くなったりするのが特徴です。

フコイダンは、食物不耐症の原因になるレクチンの受容体として機能するため、食物不耐症の予備食としても期待されています。

フコイダンの飲み方

フコイダンを多く含む海藻は、酢(クエン酸)と一緒に食べる事ことで、消化吸収が良くなり、効率よく吸収されるようになります。

このため、「酢の物」として摂取すると、体への吸収を助けます。また、フコイダンは熱に強いため、おでん、味噌汁や天ぷらなどで摂取するのもお勧めです。

フコイダンの安全性は、様々な研究により証明されていますが、あくまで適度な量を摂取するという前提です。通常の食事では過剰摂取の危険はありませんが、サプリメントなどの補助食品を使用する際は摂りすぎに注意しましょう。

フコイダンが持つ性質を正しく知り「適切な量」を意識して活用する事は、免疫力を高めて、がんの原因にもなるピロリ菌から身を守り、実りある生活を送るための「心強い味方」となってくれるはずです。