ビタミンはごく微量で、身体の機能を正常に働かせる役割がある、生きていく上で不可欠な栄養素です。

特にビタミンCはコラーゲン生成、血液や皮膚などの健康サポート、免疫強化やストレスに対抗するなど様々な働きがあります。

そんなビタミンCの健康に不可欠な効果について解説していきます。

ビタミンCとは

壊血病の研究から発見された水溶性のビタミンで、化学名はアスコルビン酸と呼ばれています。以前は対処法が分からずに恐れられていた病気でしたが、ビタミンC不足によりコラーゲンが生成されないことで起こる病気とわかり、その後治療法が確立されました。

壊血病とは血管が脆くなって歯ぐきや内臓から出血し、やがて死に至る病気。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受け、血管等への損傷につながることが原因である。

美白成分であるコラーゲン生成をサポート

美容成分として有名なコラーゲンですが、これはたんぱく質のひとつです。たんぱく質は非常に大きい分子なので、経口摂取するとアミノ酸レベルまで分解されます。

そのため、コラーゲンだけを摂取するよりも、これらの作り替えを意識し、体内での合成を促進させるビタミンCと一緒に摂取した方が、より効果的に働きます。

ビタミンとミネラルが合成に重要

コラーゲンの生成には材料となるプロテインと共に、その生成を助けるビタミンや亜鉛などのミネラルを摂取することがおすすめです。ヒアルロン酸に関してはマグネシウムなどを摂取するとより良いです。

ビタミンCはニキビにも効果あり

ニキビは皮脂の分泌が多すぎる場合に、皮脂が毛穴につまって炎症を起こす事が原因です。

ビタミンCには皮脂分泌の抑制の効果がありますので、毛穴やニキビトラブルの予防、ニキビの炎症による悪化も抑えてくれます。

ストレスに強い栄養素

ビタミンCは抗ストレスにも働きます。

アドレナリン

私たちはストレスを感じると、それに対抗する為にアドレナリンを放出し、防御態勢に入ります。このとき大量のビタミンCを消費して体をストレスから守ろうとします。この為、ビタミンCを意識して摂る必要があります。

ビタミンB

ビタミンCの他に、ビタミンB群やカルシウムなど精神を安定させる作用がありますので、摂取する事をお勧めします。

ストレスに強い体を作る3つのサプリメントも是非ご参照下さい。

血液の働きや免疫強化をサポート

ビタミンCは抗酸化力が強く、過酸化脂質や活性酸素の生成を抑えて、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防する働きをサポートします。

さらに、免疫力を強化する作用があり、体内に侵入した病原菌を攻撃する白血球を助け、自らも病原菌と戦います。

活性酸素は殺菌力が強い為、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をはたしています。しかし、これらが増えすぎると、正常な細胞や遺伝子さえも攻撃(酸化)してしまい、細胞が壊れ、身体の機能が乱れてしまうのです。

疲労や感染症も予防

ビタミンCが不足すると疲れやすい体になり、この影響で感染症などにかかりやすくなります。しっかりと補給する事で風邪などを予防することにも繋がります。

ビタミンCによる3つの効果

  1. 美白成分であるコラーゲン生成をサポートする
  2. 防御態勢の入る為に必要なアドレナリンを助け、ストレスにも強い
  3. 血液の働きや免疫強化をサポートし、疲労や感染症も予防する

サプリメントが担う役割は、食事だけで不足しがちな身体に必要な栄養補給をサポートして、不調の原因を「副作用なく徐々に解消していく」ことです。

ビタミンCをサプリでしっかり摂取することは、医薬品などに頼らない健康的な体を作ることの手助けとなってくれるはずです。